【神奈川でも注目の葬儀】海洋散骨の基本知識!

【神奈川でも増えている】散骨希望の方に相場や流れの情報!

【神奈川でも注目の葬儀】海洋散骨の基本知識!

数珠

海洋散骨とは?

散骨というのは、お墓に遺骨を入れず、自然に返すという意味合いで、海や山に遺骨を撒くという葬儀方法です。その中で海洋散骨は今、最も注目されている散骨方法とされています。

何故、海洋散骨をするのか?

遺骨は、基本お墓に入れます。ですがお墓は安くても約100万前後と言われています。遺骨を維持するにもお金がかかるため、今散骨を選ぶ方が増えてきているのです。増えてきている大きな理由は費用が安くなる、個人の想いを尊重できることが挙げられるでしょう。先程も伝えた通り、お墓や遺骨の維持費を合わせると大きな金額が必要になります。そういった費用を抑えるために散骨を選ぶのです。散骨をすることで、お墓を買わなくても良いし、お寺に支払う維持費も掛かりません。また個人の想いを尊重することも可能です。例えば釣りが好きだから海に骨をまいて欲しいという願いや、思い出の山の一部になりたいという方の想いを尊重することができるのです。その2点が大きなメリットとなります。

申込までの流れ

最初に専門サイトにて申込フォームより、問い合わせをします。その後に散骨の仕方や当日の流れ、注意事項などを説明、また費用についてもこの時点で話しを行ないます。次に遺骨をパウダー状にするために、専門業者に依頼します。パウダー状にしたら、出航日を決めます。そして出航当日に説明を最後に聞いたら、散骨開始です。そして帰航して終了です。

気になる費用

各業者によってことなります。ですが神奈川の散骨業者であれば、約35万円といわれています。散骨する場合、何名か乗船していくため大きな船が必要となります。この金額の人数は約8人までなら乗船OKと言われていますよ。また散骨には人だけではなく、動物の遺骨も行うことが可能です。動物のサイズによって異なりますが、小型動物から大型動物の平均金額は約25万円と言われています。

散骨に関する質問コーナー!

散骨できる場所って何処?

散骨はどこでしても良いということではありません。できる場所は、自分の私有地、公海上、業者が管理してる墓所です。できない所は他人の私有地、条例で禁止されている自治体や漁業権がある場所はアウトです。そういった場所があるので一番は専門業者に依頼して、安全な場所で行うのがベストですよ。

散骨方法の種類って?

海や山で行う散骨は有名です。散骨方法には実はあと3つの方法があります。1つ目が海外で散骨。2つ目が空の散骨、3つ目が宇宙に散骨です。1つ目の海外散骨は名前の通り、海外で散骨を行うことを言います。2つ目の空の散骨は小型飛行機で飛行中に散骨する方法です。3つ目が宇宙に散骨する方法は、専用の風船で成層圏まで打ち上げ、そこで破裂させて散骨する方法になります。

海洋散骨する時に持っておいた方がいい物は?

海洋散骨を行うには船に乗り、沖に行く必要があります。その際によくあるのが船酔いです。なので、船酔いが心配な方は薬やビニール袋なども必ず持参するようにしましょう。

散骨のデメリットが知りたい!

散骨のデメリットで最も大きいのが、墓参りや献花ができない点です。でも海や山に散骨をした方の多くは「海や山自体がお墓」と思っています。それにお墓参りや献花するにも、維持費、交通費なども掛かります。そういう点をみるとデメリットよりもメリットが多くあるのが散骨です。

散骨旅行ってなに?

散骨する場所を探す旅行になります。綺麗な海に散骨したい、紅葉がキレイに見れる山が理想など様々な希望で旅行する方も多いです。一気に回るのではなく、ゆっくりと数ヶ月掛けて、旅を楽しみながら行う方がほとんどです。

広告募集中